AGAの克服に向けて

AGA(男性型脱毛症)は、いまではお医者さんの診療が受けられるまでになっていますが、病気ほど日常生活を阻害するものではありません。だから、ほとんどの人が、気付かずに、あるいは見て見ないふりをして、AGAを放っておくことが多い様です。わたし自身もそうでした。「ハゲのスイッチが入る」というのは、AGA関係のブログで良く見るフレーズです。わたし自身も、30代に入って急速に薄毛が進行した、という印象を持っています。そして気がついた時には、「ハゲ」と指差されるレベルに成っていました。合わせ鏡をして、それに気がついた時の恐怖は、いまでも忘れません。(このコメントも、AGA体験として、多くの人が口を揃える所です。)

AGAは克服できるのでしょうか。自分自身、本格的なAGA治療を自分に施し始めて、早3年に成ります。結論は、「可能」だと言いたいです。キーワードは、ミノキシジルやフィナステリドを使うことをできる限り早く、始めることだと思います。ぜひ、AGAに悩んでいる人が、この治療法を身に付けて、AGAを克服できることを、(わたし自身を含め)祈っています。

You Might Also Like