AGAの克服に向けて

AGA(男性型脱毛症)は、いまではお医者さんの診療が受けられるまでになっていますが、病気ほど日常生活を阻害するものではありません。だから、ほとんどの人が、気付かずに、あるいは見て見ないふりをして、AGAを放っておくことが多い様です。わたし自身もそうでした。「ハゲのスイッチが入る」というのは、AGA関係のブログで良く見るフレーズです。わたし自身も、30代に入って急速に薄毛が進行した、という印象を持っています。そして気がついた時には、「ハゲ」と指差されるレベルに成っていました。合わせ鏡をして、それに気がついた時の恐怖は、いまでも忘れません。(このコメントも、AGA体験として、多くの人が口を揃える所です。)

AGAは克服できるのでしょうか。自分自身、本格的なAGA治療を自分に施し始めて、早3年に成ります。結論は、「可能」だと言いたいです。キーワードは、ミノキシジルやフィナステリドを使うことをできる限り早く、始めることだと思います。ぜひ、AGAに悩んでいる人が、この治療法を身に付けて、AGAを克服できることを、(わたし自身を含め)祈っています。

AGAを進行させないための対処と治療

CMなどで耳にすることのあるAGA。
AGAとは男性型脱毛症のことを言います。
AGAは、成人男性によく見られる髪が薄くなる状態のことで、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。
AGAには男性ホルモンが大きく関わっていると言われています。
他にも加齢や食生活、ストレスも関係があるようです。
何の対策もせずにほおっておくと、AGAはゆっくりですが進行します。
そのため早め早めのケアが大切だと言われているのです。

ではどうしたらいいのか?
まずは生活習慣の見直しです。
喫煙や睡眠不足は髪にとって良くありません。
栄養バランスも注意しないといけません。
血行を促進して育毛を促すために、頭皮マッサージなどを始めたいですね。

早く効果を実感したいと考えるなら、病院での治療があります。
治療の方法は大きく2種類です。
まずは、内服薬や外用薬などによる治療法になります。
内服薬は、育毛剤を飲んだりして、外用薬は直接頭皮に塗ったりする塗り薬もらう方法です。
もう1つは、育毛剤や成長因子といわれるものを、注射で直接体内に注入する方法です。
一般的にAGA治療は保険がきかず自己負担になります。

まずはどの方法が自分のAGAに合っているか、しっかり見極めることが大切なようです。